HOME > 最新の活動状況

最新の活動状況

 2015年9月11日  もし、離婚を切り出されたら・・・
パートナーからある日突然、離婚を

切り出されたら・・・


誰しも大きなショックを受けるでしょう。


当然、心が乱れて感情的になったりするかもしれません。


しかし、

そんな状況から、一人になって

落ち着ける時間ができてきたら、

冷静に今の状況を整理して

みることが大切です。


◆双方の合意がないと離婚は成立しない


まず、離婚は夫婦双方の合意があって

初めて成立 します。



もしどちらか一方の意思に反してても離婚

したいとなると、裁判によって離婚判決を

得なければなりません。



それには、法律が要求がする離婚原因

が必要ですし、裁判自体にも相応の時間

がかかります。




つまり、

離婚の意思を告げられたから

といって、直ちに離婚が決定するわけではないのです。



ねばり強くパートナーを説得する手も

あれば、客観的な状況をしっかり把握

したうえで、最善の方法を探していくと

いう考え方もあります。



◆まず、紙に書き出してみる


「自分はこれからどうしたいのか?」

「これからいったい何をすればよいのか?」



それらを明確にするために、これまで

の経緯を書いてみることをお勧めします。



その際のポイントは・・・


・A4用紙1枚程度にまとめる。


・あったことを時系列に、また離婚の原因(浮気など)
 となったであろう事実をなるべく客観的に書き出す。


・自分とパートナーにどのくらい収入があるか?


・預貯金や二人の財産はどのくらいあるか?


などです。


また、

今後のことや、これから冷静に対応するために、

私たちのような士業や離婚問題を専門とした

窓口などに相談するのもよいでしょう。



※各写真をクリックすると大きく表示されます

ページの先頭へ